校舎からのお知らせ | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

校舎からのお知らせ 

2019年 1月 20日 【センター試験二日目】数学Ⅱ・Bの解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!!

~設問別分析~

【第1問】三角関数、指数・対数関数
[1](三角関数)

三角関数の最大・最小、および方程式の解を求める問題。2倍角の公式、三角関数の合成により式を書き換える必要がある。標準的な出題である。
[2](指数関数・対数関数)
連立方程式の解を求める問題。真数の条件、および底の変換、置き換えを必要とするが、誘導に従って計算すれば難しくない。
【第2問】微分法・積分法
文字の定数を含む3次関数・2次関数のグラフに関する問題である。極値から係数を決定し、接線と曲線の囲む部分を問う内容で、よく出題されるテーマである。ただし、文字のままで計算する部分が多く、やや煩雑である。
【第3問】数列 (選択問題)
等比数列、階差数列の問題であり、前半は和の計算問題。後半は、数列の一般項を求めるために別の数列を考えることで単純な漸化式を解く問題に帰着される。しかし、与えられた漸化式をどのように整理するかがポイントになっており、誘導に上手く乗りにくい問題であろう。
【第4問】ベクトル (選択問題)
四角錐・三角錐を扱った空間ベクトルの問題である。底面が等脚台形であり、前半はその平面の扱いが中心である。後半は四角錐を平面で切ったときにできる三角錐の体積を求める問題であり、垂線を下ろしてその長さを計算するという頻出の内容になっている。
【第5問】確率分布と統計的な推測 (選択問題)
ある食品を摂取したときの血液中にある物質の量の変化をとらえる問題であり、前半は基本計算のみである。後半は正規分布、二項分布を利用した計算がメインであり、センター試験では頻出の内容である。

~学習アドバイス~

センター試験の数学II・Bでは、数学I・Aよりも発展的な出題が多い一方、数学II・Bは、数学I・Aの学習を土台としているため、数学I・Aが未完成な状態では高得点は望めません。まずは、できるだけ早く数学I・Aの基礎を完璧なものにしましょう。その上で、数学II・Bの基礎を固めていくことが、効率的な学習となり、総合的な数学の力をを自分のものにしていくことに繋がります。
数学II・Bのそれぞれの分野において、センター試験対策に重要なポイントは以下の通りです。
◆方程式・式と証明
3次式の展開・因数分解、二項定理、整式の除法について、しっかりと理解しておく必要があります。特に整式の除法は、剰余の定理、因数定理の導出の基となるものなので、原理からしっかりと理解を深めておきましょう。
◆三角関数
加法定理から派生する倍角公式などは丸暗記でなく、導出過程も含めて理解し、さらに実際に使いこなせるレベルまで達する必要があります。求めるものによって、適切な式変形が素早く出来るように、まず加法定理を完全に理解しましょう。
◆指数・対数関数
指数法則、およびそこから導かれる対数計算、底の変換の計算などがいかに正確に素早くできるかがポイントです。指数や対数の底の大きさによる大小の場合分けや、対数の真数条件などの基本事項を理解した上で、計算のスピードを上げる練習をしましょう。
◆図形と方程式
座標平面上における2直線の平行条件・垂直条件や、点と直線の距離、円の方程式の求め方は必ず理解しておきましょう。また、領域における最大・最小問題は、文字のとり得る値や不等号の向きに注意して正しく図を描くことが重要になります。図から大小が容易に判断できない場合には、計算で比較を行うなど臨機応変な解法が取れるようにしましょう。
◆微分法・積分法
数学II・Bにおいて、毎年ほぼ必出の積分による面積の計算は、最も多くの時間を要する部分になります。図を描くことで面積を求める際の領域を求め、積分計算を正確に素早く行う必要があります。面積を求める領域の把握が第一歩となるので、日ごろから面倒がらずに図を描く習慣を身につけましょう。
◆数列
等差数列、等比数列の決定とその和、漸化式、群数列など出題テーマが多岐にわたる分野ですが、いずれにおいても項の対応(規則性)を考えることが重要です。日ごろから具体的に項を書き並べて考えることを習慣を身につけましょう。
◆ベクトル
内積計算、2直線の交点の位置ベクトル、ベクトルの垂直・平行条件、共線条件、共面条件などを押さえておく必要があります。一つ一つ整理して、確実に理解しましょう。
これらの分野を効率よく学習するには、いきなり入試レベルの問題に取り組むのではなく、教科書の例題、練習問題、節末問題、章末問題と、少しずつステップアップしていくのが一番の近道です。「計算を最後までやり抜く」ことや「図やグラフを描いて考える」ことを積み重ね、早期に基礎を確固たるものにするために、問題演習を繰り返しましょう。
物事を理解するとは、その道理や筋道がわかり、自ら考えることができるようになることです。解法の暗記に頼るのではなく、公式や解法の原理を理解してから先に進むような勉強を繰り返すことで、受験だけでなく、将来社会に出てからも役立つ本当の力をつけることができます。
数学II・Bの問題は、数学I・A以上に抽象的に考えさせる問題が多く、また計算量も多いため、時間が足りないと感じることも多いと思います。センター試験対策としては、限られた時間で正確に解けるように演習を繰り返すことが欠かせません。
東進では全国統一高校生テストを含めて年6回実施される「センター試験本番レベル模試」があります。センター試験の傾向や自分の現在の力を知り、さらに不得意分野・弱点を明確にしてセンター試験対策を進めていきましょう。

【センター試験同日体験受験を受けた君へ!!!】

東進ハイスクールの有名実力講師である大岩秀樹先生が、なんと特別に今回のセンター試験の英語の問題の解説授業を行ってくださいます!!

是非皆さんご参加ください!!!

【新高3生・高2生・高1生の君へ!!!】

新年度特別招待講習の申込受付がスタートしました!新学年に向けて、スタートダッシュを切りましょう!!!

2019年 1月 20日 【センター試験二日目】数学Ⅰ・Aの解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!!

~設問別分析~

【第1問】 数と式・集合と命題・2次関数
[1](数と式)

根号、絶対値を含む式の整理と、これを含む方程式の解を求める問題である。根号と絶対値のそれぞれの性質を正しく理解できているかが試される。絶対値を外す際に場合分けの条件を満たすか否か、確認することを忘れないようにしたい。
[2](集合と命題)
2つの自然数の偶奇に基づく条件に関し、必要条件・十分条件の判定を行う問題である。比較的平易な出題であり、pの否定を正しく書き出しておけば難しくない。
[3](2次関数)
文字の定数を含む方程式で表された2次関数のグラフに関する問題。(1)では頂点を求め、(2)では与えられた条件から定数a,bを決定し、そのときのグラフの平行移動を考える問題である。計算ミスにさえ注意すれば平易である。

【第2問】 図形と計量・データの分析
[1](図形と計量)
三角形が与えられ、それぞれの角の三角比や辺の長さ、面積を求める問題。前半の計算の結果から、点同士の位置関係を正しく理解し、図示することが後半を解ききるポイント。
[2](データの分析)
ソメイヨシノの開花日、モンシロチョウやツバメの初見日についての分析結果に関する問題。箱ひげ図やヒストグラム、散布図の基本的な見方を理解していることが大切である。また、後半は変数の変換に伴う平均値や標準偏差の変化に関する理解が求められる。
【第3問】 場合の数と確率 (選択問題)
最初にさいころを1回投げて出た目によって赤い袋か白い袋を選び、その中から球を取り出すときの確率の問題である。2回目以降は、最後に取り出された球の色による確率計算になる。結果が煩雑なので、丁寧に計算を行う必要がある。
【第4問】 整数の性質 (選択問題)
一次不定方程式の整数解を求める問題からスタートし、最終的には連続する3つの自然数の積が6762の倍数となるための条件を考える問題。誘導は丁寧だが、最後の設問につながる意図に気づかなければ解きにくいかもしれない。
【第5問】 図形の性質 (選択問題)
三角形とその内接円に関する問題である。第5問としては珍しくsinやcosの値が与えられており、それにより面積計算などを行う。しかし、問題としては頻出タイプであり、図を丁寧に描いて考えることができれば標準的である。点Qが円と三角形の接点に一致することに気づきたい。

~学習アドバイス~

センター試験の数学I・Aでは、その年の問題の難易度変化に関わらず高得点が求められると考えて準備しておく必要があります。数学I・Aは、高校数学の土台ともいうべき分野なので、センター試験においても基本の理解を問う出題が多くなっています。大切なのは、基本を早期に確実に理解し、問題演習を繰り返し限られた時間内で正答を確実に導く力を作ることです。
各分野毎に学習していく上で重要なポイントは以下の通りです。
◆数と式、集合と命題
絶対値記号を中の符号で場合分けをして外す、代入計算を式変形によって行う、複数の不等式をすべて満たす範囲を数直線を用いて考える、などといった基本動作を確実にできるようにしましょう。また、必要条件か十分条件かの判定は、集合の包含関係や数直線を用いて視覚的に捉えることが有効です。覚えるのではなく理解に努めることが大切で、一度理解してしまえば、確実に得点できる分野です。勘に頼ることなく、命題の真偽から考える習慣を普段からしっかりと身につけましょう。
◆2次関数
グラフを描きイメージしながら解き進められるかがポイントです。2次関数のグラフが軸を中心として線対称であることを利用した最大・最小問題、2次関数のグラフと2次方程式・不等式の解の相互間の言い換えなどをグラフを描いて考える習慣を身につけましょう。
◆図形と計量
正弦定理や余弦定理など、三角比の基本公式を身につけることが最も重要です。それに加えて、常に図形問題では自分で図を描いて考えることが基本です。なるべく大きく図を描き、解き進めていく中で分かった長さなどの情報を書き込んでいく習慣を身につけましょう。
◆データの分析
多くの用語が出てくるので、まずはそれぞれの用語の定義を正しく覚えることが重要です。用語の定義を正確に覚えた上で、代表値などの値の計算、そして度数分布表や箱ひげ図、散布図などからデータの特徴を読み取る練習を重ねましょう。
◆場合の数と確率
公式に頼るのではなく、樹形図などから数え上げの原理を理解することが極めて重要です。併せて他分野以上に状況を言い換える力も求められます。考え方を理解しながら学習しましょう。
◆整数の性質
約数・倍数の考え方、ユークリッドの互除法、不定方程式の解、n進法の考え方を理解したうえで、論理的に解き進めていく力が必要になります。日頃の学習では、一つ一つの式変形の意味を明確にしながら解き進めることを繰り返しましょう。
◆図形の性質
三角形や円の性質を図と合わせてきちんと理解しているかが重要です。図形と計量と同様、図を描いて等しい角や長さ、相似などを見抜くことができるように練習を重ねましょう。
各分野を効率よく学習するには、いきなり入試レベルの問題に取り組むのではなく、教科書の例題、練習問題、節末問題、章末問題レベルへと、少しずつステップアップしていくのが一番の近道です。「計算を最後までやり抜く」「図やグラフを描いて考える」といった基本的なことを地道に積み重ねることによって、確固たる実力を身につけましょう。また、解法の暗記に頼るのではなく、公式や解法の原理をきちんと理解してから先に進むような勉強を心がけましょう。物事を理解するとは、その道理や筋道がわかり、自ら考えることができるようになることです。理解して先に進むような勉強を繰り返すことで、受験だけでなく、将来社会に出てからも役立つ本当の力をつけることができます。
東進では全国統一高校生テストを含めて年6回実施される「センター試験本番レベル模試」があります。センター試験の傾向や自分の現在の力を知り、さらに不得意分野、弱点を明確にしてセンター試験対策を早期に進めましょう。

 

【センター試験同日体験受験を受けた君へ!!!】

東進ハイスクールの有名実力講師である大岩秀樹先生が、なんと特別に今回のセンター試験の英語の問題の解説授業を行ってくださいます!!

是非皆さんご参加ください!!!

【新高3生・高2生・高1生の君へ!!!】

新年度特別招待講習の申込受付がスタートしました!新学年に向けて、スタートダッシュを切りましょう!!!

2019年 1月 20日 【センター試験二日目】地学基礎の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!!

~設問別分析~

第1問 固体地球
A 地球の形状と活動
問1 選択肢1から選択肢3が頻出のものであることから解ける。
問2 初期微動継続時間の意味と基本的な速さの計算が分かっていればよい。
問3 ホットスポットと火山列に関する超頻出問題である。
B 地球の歴史
問4 地層を下から丁寧に見ていけば分かる。
問5 地球型惑星の原始大気が水蒸気と二酸化炭素であったこと、単純な植物から上陸を始めたことが分かっていれば解ける。
問6 露頭Xの地層を順に露頭Yの地層と比べていけばよい。
C 火山と火成岩
問7 マグマの性質と火山の形状の頻出問題である。
問8 色指数の定義と算数の「比」が分かっていれば解ける。
問9 割合の計算を慎重にやればよい。

第2問 天気図
問1 気圧に関する問い。消去法で考えれば分かりやすいだろう。
問2 冬型であることが天気図下のコメントからも分かるので、日本海に筋状の雲を伴う天気図を選べばよい。
問3 シベリア気団について問う標準的な問題。

第3問 恒星の誕生と宇宙の進化
問1 恒星の誕生と進化を問う標準的な問題。
問2 主系列星の質量による進化の違いの理解を問う問題。
問3 ビッグバンから今日の宇宙に至るまでの過程を大きく捉えていれば解ける。

~学習アドバイス~

センター試験地学基礎の特徴
センター試験としては、皆さんが受験する2020年1月で最後となります。センター試験地学基礎は、地学基礎の教科書からまんべんなく出題されます。センター試験はマーク形式ですが、私大入試とは違い、本文を読まずに選択肢だけから答えが出たり、きちんと計算をせずに計算問題が解けたりすることはありません。センター試験では、試験時間が30分という限られた時間で15問前後を解答することになります。地学基礎とはいえ、単純な知識問題は少なく、様々な分野の知識や考察力が必要です。また、煩雑な計算問題はありませんが、基本的な計算力も必要です。とりわけ、単位の計算や比・比例の考え方には習熟する必要があります。図やグラフも、教科書や資料集に載っているような典型的なものがほとんどですが、内容をしっかりと理解しておきましょう。

これからの学習について
まずは教科書を繰り返し読み、内容を理解しましょう。センター試験の問題は1問が複数の分野にまたがるため、教科書を数ページ読んだだけでいきなり問題を解くのは大変難しいです。教科書の実験・考察にもじっくり目を通しましょう。基本的な知識を頭の中で「モデル化」した後に、過去問を解いてみましょう。必要があれば、中学校の教科書や参考書も利用しましょう。問題を大量に解くのではなく、「現象の理解」「モデル化」が大切です。
模試の活用
地学基礎の過去問は今年度を含めて5年分しかありません。演習不足にならないよう、全国統一高校生テストを含め、年間6回実施される東進の「センター試験本番レベル模試」を活用しましょう。旧課程の過去問を解くときは、地学基礎に相当する問題を分野別に選び、解いてみましょう。

【センター試験同日体験受験を受けた君へ!!!】

東進ハイスクールの有名実力講師である大岩秀樹先生が、なんと特別に今回のセンター試験の英語の問題の解説授業を行ってくださいます!!

是非皆さんご参加ください!!!

【新高3生・高2生・高1生の君へ!!!】

新年度特別招待講習の申込受付がスタートしました!新学年に向けて、スタートダッシュを切りましょう!!!

2019年 1月 20日 【センター試験二日目】生物基礎の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!!

~設問別分析~

【第1問】生物と遺伝子(生物の特徴・代謝・遺伝情報とDNA・遺伝情報とタンパク質の合成)
設問数は6問、解答数は7でどちらも昨年と変わらなかった。Aでは、生物の特徴に関する知識問題と、代謝に関する知識問題と実験考察問題が出題された。問1は当てはまる選択肢を過不足なく含むものを選ばせるという点でやや難しい。問2は紛らわしい選択肢が多く、得点差がついたであろう。問3は酵素に関する実験考察問題であり、仮説を検証するための実験を解答する必要があった点が新しい。Bでは、DNAと遺伝情報に関する知識問題と、遺伝子の発現に関する計算問題が出題された。問4・問5はDNAに関する空所補充と知識問題であり、容易に解答できる。問6は遺伝情報とタンパク質の合成に関する計算問題であり、DNAが300塩基「対」であることを把握できたかで、正答率に差が生じたと思われる。

【第2問】生物の体内環境の維持(血液凝固・血液の循環・酸素解離曲線・免疫)
設問数は5問で昨年と変わらず、解答数は6で昨年より1増加した。Aでは、血液凝固に関する知識問題と、血液の循環と酸素解離曲線に関する考察問題が出題された。問1は易しい知識問題。問2は与えられた条件での血液循環の変化を考察する必要があり、解答に時間を要する。問3は酸素解離曲線に関する考察問題であり、二酸化炭素濃度による酸素解離曲線の左右へのシフトを考察する必要があり、やや難しい。Bでは、免疫に関する知識問題が出題された。問4・問5はともに解答し易い。
【第3問】生物の多様性と生態系(生態系での窒素の循環・生態系とエネルギーの流れ・バイオーム・植生とその環境・植生の遷移)
設問数は5題、解答数は5個でどちらも昨年と変わらなかった。Aでは、生態系での窒素の循環とエネルギーの流れに関する知識問題が出題された。問1・問2ともに解答し易い。Bでは、植生とその環境に関するデータ考察問題と、植生の遷移に関する実験考察問題が出題された。問3はバイオームに関する知識問題と、葉の寿命と厚さに関するデータ考察問題であり、やや難しい。問4は光‐光合成曲線のグラフを読み取る問題であり、解答に時間を要する。問5は遷移に関する考察問題であり、遷移の正確な知識を必要とするため、難しい。

~学習アドバイス~

◆問題構成
皆さんの受験される2020年1月のセンター試験が、最後の実施となります。センター試験の生物基礎は、大問3題で構成されています。各大問はA・Bの2つに分かれており、全問マーク式で、総マーク数は16~17個です。平均点は30点(合計50点)前後に設定されています。知識問題が中心ですが、一部で考察問題も出題されます。

◆時間配分
知識問題が中心ですが、30分という制限時間は決して十分な時間ではありません。一部で出題される考察問題に時間を費やしてしまうと時間が足りなくなる場合も考えられるため、知識問題をいかに早く処理し、考察問題に多くの時間を割けるかが重要になります。
◆問題内容
生物基礎の教科書は、大きく「生物と遺伝子」・「生物の体内環境の維持」・「生物の多様性と生態系」の3分野で構成されています。センター試験ではそれぞれの分野から各大問が作問されており、この対応関係は今後も続くと思われます。出題分野の偏りは特に見られないため、全ての単元を満遍なく学習しておく必要があります。
◆学習の指針
生物は暗記科目と思われがちですが、表面的な知識を覚えるだけではセンター試験での正答につながりません。知識を覚えるのではなく理解していくことが重要です。したがって、穴埋めの問題をただ解いていくという勉強ではなく、教科書に載っているグラフや表を自分で書き、流れを説明できるようにしましょう。また、インプットをすること以上にアウトプットする練習の方が重要です。センター試験本番で求められている能力は、「どれだけ多くの知識をインプットしているか」ではなく、「インプットした知識をいかに早くアウトプットできるか」です。したがって、できる限り多くの過去問を解き、知識の引き出し方を練習しましょう。過去問の演習としては、2015年度以降の現行課程に移行してからの問題演習を繰り返すことはもちろんですが、旧課程にも一部の問題で生物基礎の内容が出題されていますので、それらも積極的に利用しましょう。
◆模試の利用
実践的な演習のために、模試を受験することを強くお勧めします。生物基礎は同じ試験時間内で他の理科基礎と組み合わせて受験する必要があります。特殊な形式・問題内容・時間配分に慣れるため、全国統一高校生テストを含めたセンター試験本番レベル模試を受験し、インプットした知識を制限時間内で素早くアウトプットする練習を重ねましょう。

【センター試験同日体験受験を受けた君へ!!!】

東進ハイスクールの有名実力講師である大岩秀樹先生が、なんと特別に今回のセンター試験の英語の問題の解説授業を行ってくださいます!!

是非皆さんご参加ください!!!

【新高3生・高2生・高1生の君へ!!!】

新年度特別招待講習の申込受付がスタートしました!新学年に向けて、スタートダッシュを切りましょう!!!

2019年 1月 20日 【センター試験二日目】化学基礎の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!!

~設問別分析~

第1問
問1 与えられた数字から、電子、陽子、中性子の数、および質量数を考える問題であり、平易である。
問2 分離操作に関する問題。操作の名称とその仕組みがきちんと整理できていれば正解できる。 
問3 合金中のニッケルNiの含有率を計算する問題。得られた酸化ニッケル(Ⅱ)NiOの物質量と合金中のNiの物質量が等しいことに気づけたかがポイントである。
問4 不純物(塩化水素HClと水蒸気)を含む塩素Cl2を精製する実験に関する問題。揮発性の液体である水を入れたガラス容器は、濃硫酸を入れたガラス容器の前に設置する必要があることが分かったかがポイントである。
問5 元素および原子の性質に関する記述の正誤問題。「イオン化エネルギーとはどのようなエネルギーか」をきちんと理解できていれば正解できる。
問6 分子やイオンがもつ共有電子対、非共有電子対の数に関する記述の正誤問題。各分子やイオンの電子式を書くことができたかがポイントである。
問7 イオンからなる身のまわりの物質に関する問題。どれもイオンからなる物質の代表的な例であり、普段から身のまわりのものと関連付けることを意識して学習を進めてきた受験者にとっては難しくない。
第2問
問1 物質の量に関する記述の正誤問題。選択肢2と3は、それぞれClと水素原子の物質量を求める必要がある。選択肢1は、COとN2の分子量がともに28で、NOの分子量が30であることから判断できる。また、選択肢4は、炭素(黒鉛)の完全燃焼における化学反応式を書くことで判断できる。
問2 グラフをもとに、加えた塩酸の体積と発生した水素の体積(0 ℃、1.013×105 Pa)を求める問題。解答する際に、亜鉛Znと塩酸の反応の化学反応式を書く必要がある。なお、このようなグラフに関する計算問題は、過去にも類似の出題が見られるもので、あまり時間をかけずに解答したい。
問3 酸と塩基の中和反応で得られた正塩の水溶液の性質を判断する問題。酸Aと塩基Bの強弱がきちんと整理できていたかがポイントである。
問4 中和滴定に関する記述の正誤問題。選択肢1以外は、正誤の判定に計算を要するため、解答に時間がかかる。
問5 実験の安全に関する記述の正誤問題。どれも正しいような記述であり、戸惑った受験者が多かったと思われる。実験操作の知識が必要だったが、多くの受験者にとって盲点であったのではないだろうか。
問6 酸化と還元に関する記述の正誤問題。下線が引かれた部分に注目し、各原子の酸化数の変化を正しく考えられれば正解できる。

~学習アドバイス~

◆はじめに
皆さんの受験される2020年1月のセンター試験が、最後の実施となります。これから一年間、これまでに行われたセンター試験を利用し、十分な準備をして万全の態勢で来年の本番を迎えられるようにしましょう。センター試験の化学基礎は「化学基礎」の教科書から出題され、その範囲は決して広くありません。そのため、計画的に学習を進めていけば必ず高得点に結びつくので、なるべく早い段階での対策を心掛けましょう。

◆センター試験化学基礎の特徴
大問2題で構成されている試験で、試験時間は30分です。基礎~標準レベルの問題で構成されていますが、計算問題も出題されますので、さほど時間に余裕はありません。「化学基礎」では、過去に出題された問題と類似した出題も多くみられるため、過去問演習は必須です。旧課程の問題も含めて、演習を積んでおきましょう。また、身近な物質や現象に関しては、教科書の表や図にしか記載されていない部分からの出題も見られます。普段から身のまわりの物質や現象と関連付けながら、教科書をよく読んでおきましょう。
◆1学期のうちに化学基礎を一通り復習しよう!
この時期であれば、高校で「化学基礎」の学習を一通り終えている人も多いと思いますが、教科書のはじめの方の内容は忘れてしまっている部分もあるのではないでしょうか。過去問や模試を活用し、実践的な問題で演習を積むことも大切ですが、その一方で、教科書の内容に立ち返りもう一度一通り復習しなおすことも重要です。まずは教科書の内容を復習し、基礎的な問題集などを使って演習も行いながら学習を進めて下さい。そして、高3の1学期のうちに教科書の復習を終え、夏からは積極的に過去問を解いていきましょう。
◆模試を活用しよう!
東進の「センター試験本番レベル模試」は、実際に行われたセンター試験の問題をもとに出題内容や問題レベルを分析して作られており、全国統一高校生テストを含めて年間6回実施されます。これらの模試を活用することで、問題の傾向を把握し、現状で自分に足りていない部分を把握することができます。上手く活用し、来年の本番に向けて十分な学力を身に付けていきましょう。

【センター試験同日体験受験を受けた君へ!!!】

東進ハイスクールの有名実力講師である大岩秀樹先生が、なんと特別に今回のセンター試験の英語の問題の解説授業を行ってくださいます!!

是非皆さんご参加ください!!!

【新高3生・高2生・高1生の君へ!!!】

新年度特別招待講習の申込受付がスタートしました!新学年に向けて、スタートダッシュを切りましょう!!!