食品栄養科の授業 | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

ブログ

2016年 1月 23日 食品栄養科の授業

 

 

こんにちは!担任助手の土居です。

私は今、大阪市立大学生活科学部食品栄養科学科というところに通っています。

そこで管理栄養士になるための勉強をしています。今日は私が受けている授業の一部を紹介します!

 

“応用栄養学”という授業があります。

この授業では、食事の栄養評価をしたり、食事摂取基準ライフステージ別の栄養を学んでいます。

 

食事の栄養評価では、自分のある一日の食事を記録して、カロリー・塩分量がおおすぎないか、また必要な栄養が取れているのかを調べます。

それから、自分の献立をもとに栄養満点な献立に作り直します!

自分の生活と直接結びつくので自分の食生活を見つめなおすいい機会になりました!

 

また、よく“バランスの良い食事を心がけましょう”といいますが、“バランスの良い食事”って具体的になんですか?一日の適切な摂取カロリーはどれくらいが適切ですか?高血圧のリスクが上がる塩分量はどれくらいですか?

これを学ぶのが食事摂取基準です。

私たちはこれをもとに献立を立てます!

 

私の通っている学部に少しでも興味を持っていいただけましたか?

皆さんの大学選びの参考になれば幸いです。

最新記事一覧

過去の記事