あと〇〇点と考えるのか…?? | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

ブログ

2016年 4月 2日 あと〇〇点と考えるのか…??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!担任助手の越智です☆

今日はめっちゃいい天気です!桜がきれいに咲いています

奈良の郡山ではお城祭りといって桜をみながら楽しめるお祭りがあります。

私が高校生の時一度だけいったことがありますが、夜桜がめちゃくちゃ綺麗でした☆

 

さて、今日はみなさんが日頃受けている確認テストや、学校の小テストについてお話したいと思います。

東進の確認テストを例に出して説明していきます。

みなさんは、確認テストには判定があるのは知っていますよね。

SS S A B C です。

ちなみに、SSは90点以上です。

つまり、90点と100点でも同じSSということです。

 

たとえば、20コマある講座でずっと90点をとり続けた人とずっと100点を取り続けた人がいるとします。

これを20回繰り返せば、最初は10点だった差も最後には200点までひらきます。

 

「受験は1点で合否が分かれる世界」ということはもうみなさん知っていると思います。

ずっとSSをとり続けた2人でも、どっちのほうが合格の確立が高いのか目に見えていますよね。

この200点が、合否の1点を分けるかもしれません。

 

学校の小テストでも一緒です。

ずっと高得点でも90点と100点では違います。90点で満足していては、満点をずっと取り続けてきた人にはかなわないのです。

 

「90点とれた」と考えるのか「あと10点だった」と考えるのか。

判定も大事ですが、点数をみて自分の足りないところを克服することが大切です!

 

それでは、今日も1日頑張りましょう!

 

奈良校 越智聖珠

 

 

最新記事一覧

過去の記事