日本史の勉強法! | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

ブログ

2016年 9月 23日 日本史の勉強法!

 

こんにちは、担任助手の塩見です!今日は私が受験生のときの日本史の勉強方法について紹介したいと思います。わたしが一番、活用していたのは弱点ノートです。

私は高3の8月の1周目まで部活をしていたので本格的に日本史の勉強をし始めたのは8月3週目あたりからです。まずは金谷先生の講座を受講し終えて、復習でテキストに暗記ペンで線をひっぱって基礎知識を頭に入れていきました。

復習しているなかで自分の苦手な分野や、頭のなかで混同しやすい単語がみえてくると思います!それらが自分の苦手です。

弱点ノートをつくる前にまずは自分に苦手分野を明確にしておきましょう。

では弱点ノートで私がまとめていたことを2つ紹介します。

①頭のなかで混同しやすいニュアンスが似ている単語

・経済録:太宰春台       ・日本史:ルイス=フロイス

・経済秘策:本田利明      ・大日本史:徳川光圀

・経済要録:佐藤信淵      ・日本:シーボルト

 

②時代区別をしっかりしておかなければならない内容

日宋貿易(平安時代)       日明貿易(室町時代)

輸出品:金・水銀・硫黄・刀剣   輸出品:硫黄・銅・刀剣

輸入品:宋銭・陶磁器       輸入品:生糸・銅銭・織物・陶磁器・書籍 

 

上記のように私はまとめていました。よければ参考にしてみてください!

苦手を得意に変えることこそ受験勉強で最も大切になってくると思います!!

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事