少数の人間になれ。 | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

ブログ

2016年 5月 10日 少数の人間になれ。

こんにちは。担任助手の松下です!

 

もう5月に入り、一気に暑くなってきましたね。

僕は非常に暑がりなので、困ったものです。

 

まあそんなことはさておき、

本日は「少数の人間になれ」という話をさせて頂きます。

 

いきなりですが、皆さん、

今自分が目指している

第一志望校に必ずや合格すると思ってますか?

 

何てシビアな問いかけをするのだと思われるかもしれません。

全国で大学受験をするのは40万人

(2015年度 大学入試センター調べ)

しかし

存知の通り志望校には募集人数といったように

合格者は人数が制限されている厳しい世界なのです。

 

つまり、何が言いたいのか。

第一志望校合格できる人はごくわずか 

ということです。

 

お前塾講師の癖に何を言ってるんやと思うでしょう。

しかしこれは塾講師をしているからこそ言える真実なのです。

もちろん私たちは奈良校の生徒を全員第一志望校合格させる

一心で本気で指導しています。

 

だからこそ、生徒諸君には覚悟をもって勉強してほしいのです。

 

先ほど述べた

第一志望校合格できるのはごくわずかと言いました。

言い換えると、

大多数の人は悔しい思いをするのです。

さらに言い換えると、

少数の人間になれば合格できるのです。

 

具体的に、

「朝登校はしんどいからやめておこう」

「今日は気分が乗らないから早く帰ろう」

「復習はしんどいからとりあえず受講しよう」

など

 

ここまで来たら分かりますよね?

これは大多数の人が考え、思い、そう行動するのです

 

少数の人間つまり第一志望校合格する人

「朝登校はしんどいけど9:00までには登校しよう」

「今日は気分が乗らないけど、飲み物飲んで切り替えて頑張ろう」

「復習はしんどいけど一番大事だから1時間かけて取り組もう

と考えるのです。

 

ここの違いです。

マイナスな気持ちを逆説的に考え、

プラスに実行するのです。

 

これは、センスや先天的な能力でもありません。

意識」と「行動」の問題です。

 

君なら自分を変えられる。

 

掴もう、第一志望校合格を。

 

以上

 

奈良校 松下登志朗