専門分野を学び、そして社会で活かす!! | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

ブログ

2015年 12月 16日 専門分野を学び、そして社会で活かす!!

 
 
 
 
阪教育大学教育学部教養学科情報科学専攻増田優香です。
 
教育学部ですが、
 
学んでいる事はプログラミングについてです。
 
大学では教育の面からの情報と情報の専門知識を学べるので、
 
情報の知識だけでなく社会的な情報の立場も学べぶことができます。
 
  私は、専門的にはソフトウエアについて学ぶ事が増えてきています。
 
C言語を扱えるのは当たり前で、書いたプログラムの利点欠点を検証し、レポートにすることで、他の方法、書き方のプログラムとの比較を行ったりしています。
 
ここから学べることは、
 
ある1つの方法が優れているということはなく、優れている点もあれば、その形式を維持するために劣ってしまう点もあるということです。
 
この事は、社会に出てからも活かすことが出来ることだと思います。
 
 
例えば
 
新しい商品を作るときに優れた物を作っているつもりでも、その性能を維持・獲得するためには負荷がかかることもあります。
 
負荷がある事を見抜く練習が出来ていれば、負荷の原因を追究し改善するための案を出しやすくなると考えています。
 
この考え方とプログラミングを合わせると、より良い商品を作ることが出来るのではないか思っています。
 
少し難しい話になりましたが、
 
私は大学で専門知識を学ぶだけでなく、社会に出たときの活かし方も探しながら勉強しています。
 
知識を使って、新しい考えを発見することはとても面白いです。
 
 
 
ぜひ、皆さんも専門分野を活かせる大学を探してみてはどうでしょうか?