同日受験に向けて | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

ブログ

2015年 12月 8日 同日受験に向けて

 

 

 

 

 

 

こんにちは!担任助手の紫藤です!

センター試験が近付いてきましたね。

センター試験は、受験生にとってはもちろんとても重要な試験ですが、

 高1、2生にもとても重要な試験です!

 東進では同日体験受験で、高1、2生にも解いてもらいますが、ここでの成績は、あとあと大きく響いてきます。 もちろん、ここで点数が低くても第一志望校に絶対行けないというわけではありません。

しかし、高3になったら、誰でも相当な努力をします。

となると、自分がどれだけ頑張っても、周りも頑張るから逆転することは難しくなってきます。

受験は、

センター試験なら1月第3週の土日あたり

国公立大学の2次試験は2月25日

と、ゴールの日にちは決められています。

ですが、マラソンなどと違うのは、

スタートラインを自分で勝手に引けること

だと僕は思います。

だから、高1、2生のうちから、1年後あるいは2年後受けるセンター試験で良い成績を取ることが、周りより一歩リードすることになるのです。

高1、2生はの点数を意識したらいいと思います。高3になると、理科や社会と増えていくため、今のうちに英数国を固めておくことが先手必勝の鍵になります。

 

英語と数学について、アドバイスします。

 

英語で高得点を取るためには、まず1番最初にやるべきことは、英単語を覚えることです。

1周で覚えれる人間はいません。何回も何回も、そして短期間で繰り返して、単語を染み付かせることが必要です。

 単語・熟語を固めると、文法をしっかり勉強しましょう。英語のルールのようなものです。そこをしっかりしないと、覚えている単語なども意味がありません。

それらががっちり固まってきたら、文をたくさん読みましょう。本当に固まっているなら、たくさん読むだけで英語の力は勝手に伸びていきます。

 

 数学は、まずは教科書の公式を確認することです。

数学のセンター試験は、だいたい決まった公式を使うし、教科書から出るのだから、その教科書の理解は必ず必要です。

あとは、公式をいかに使うか、どの問題をどう解いていくか、を定着させるためには計算演習を沢山こなさなくてはなりません。

そして、

今からセンター試験はどのような問題が出るのか、チェックしておく

のが望ましいです。

問題をだいたいこんな感じか、と見ておくことでどういう勉強をしていったら良いのかがある程度把握できると思います。
時間が無くても焦らず、順序を間違えず勉強していってください。

奈良校  紫藤健太

最新記事一覧

過去の記事