合格する受験生が持っている3つの心 | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

ブログ

2016年 1月 22日 合格する受験生が持っている3つの心

 

 

こんにちは!担任助手の津脇です!

今日は僕が高校入試の前にある先生から言われた言葉を紹介しようと思います。

先生は僕たち生徒に言いました。
合格する受験生は3つの心を持っている」と。

①感謝の気持ちを持つ
②諦めない心
③緊張感とリラックス

①感謝の気持ちを持つ
あなたは今まで1人で勉強してきた訳ではありません。お父さんやお母さんは塾に通わせてくれて、毎日お弁当も作ってくれました。勉強を教えてくれた先生、そして共に努力してきた友達もいます。
みんなの想いがあなたを支えてくれています。それを心に留めておけば、試験中あなたの背中を力強く押してくれます。

②諦めない心
試験終了1秒前まで何が起こるかわかりません。わからない問題もひらめくかもしれません。最後まで諦めずにペンを握っておくべきなのです。諦めない心は最後の1点に結びつきます。

③緊張感とリラックス
これが個人的にお気に入りです。
緊張せずにリラックスして挑もう!なんて言葉をよく聞きますが、リラックスのし過ぎは良くありません。大切なのは適度な緊張感も持つこと。そのことで集中力が増します。緊張感とリラックスのバランスが取れたときに、最高の力が出るのです。
試験中、緊張しすぎてないかな?リラックスしすぎてないかな?と一度考えてみてください。そうすることできっと気持ちを上手くコントロールできますよ。

僕はこの3つの心を意識して、高校入試も大学入試も乗り越えました。

合格する生徒が持っている3つの心は、言われてみれば当たり前のことですが、意識するだけで、とても心強いものになります。

もしよければ本番にこの3つの心を意識してみてくださいね。

奈良校 津脇大輝

最新記事一覧

過去の記事