【センター試験二日目】物理の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!! | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

校舎からのお知らせ

2020年 1月 19日 【センター試験二日目】物理の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!!

~学習アドバイス~

◆大学入学共通テストとは
2021年から、現在の大学入試センター試験にかわって大学入学共通テストが始まります。
以前に実施された大学入学共通テストの試行調査では、問題文で与えられた現象や実験データを物理法則を用いて正しく解釈し、結論を導き出す能力が問われる出題でした。また出題形式としては、二つの小問を両方正解しないと得点できない問題や会話文の問題なども出題されていましたが、一方で現行のセンター試験でもよく見られる図やグラフを選択する問題や組合せ問題なども出題されました。
なお、大学入学共通テストの出題範囲は現行のセンター試験と変わりません。物理現象を理解、説明する能力がさまざまな側面から問われ、このさまざまな形式の問題を、限られた時間内に正確に解答していくことが求められることも同様です。
大学入学共通テストには過去問がなく、試行調査で出題された問題しかないため、センター試験について傾向や形式を確認しておくことが最大の対策になります。過去のセンター試験について、どのような内容が出題されているかを必ず確認しておきましょう。

◆大学入学共通テスト対策にあたって
センター試験の「物理」では、応用的な問題も出題されましたが、多くは基本的な内容がきちんと理解できているかどうかが問われてきました。これは大学入学共通テストの試行調査で出題された問題を見るかぎり、大きく変わることがないと予想されます。
したがって、受験を来年に控えた新高3生の皆さんは、まず教科書の内容を習得することを心がけてください。現在の履修状況にもよりますが、今回のセンター試験本試験であれば、今の段階でも正解できる問題がいくつかあるはずです。

◆基本的な考え方を身につける!
皆さんが履修している学習課程では、物理現象を式で書き表すだけでなく、実験などの探究活動を通して現象を理解することも重要とされています。ですから、普段の学習ではそのような機会を大切に活用し、加えて基本的な問題集を解いていくことで、基礎基本を確かなものにするように学習を進めてください。そうすれば、今回のセンター試験本試験でいえば、第3問Bの光の干渉の問題や第4問Aの小物体の衝突と鉛直円筒面内の小物体の運動の問題は確実に正解できますし、大学入学共通テストにも十分に対応できます。

◆物理現象の表現法をみがく!
センター試験では図やグラフを利用して考察させたり、短文の正誤を判断させたりする問題が出題されました。大学入学共通テストの試行調査でも、似た傾向の問題が出題されています。これらへの対策として、普段から問題の答えだけでなくそれに関係する周辺知識も考察する習慣を身につけておきましょう。具体的には変数を変えて結果を吟味する、グラフを描いてみる、物理用語の定義について教科書で確認する、などです。センター試験は教科書で紹介されるような有名な現象が題材としてよく見られましたが、大学入学共通テストでもそれは大きく変わらないと予想されるので、こういった対策は非常に有効です。また、大学入学共通テストになってもセンター試験と変わらず各分野からまんべんなく出題されますから、学習分野が偏ったり、苦手分野を残したりすることは避けなくてはいけません。

◆模擬試験で腕試し!
さらには共通テスト型の模擬試験を通じて経験を積むことが大切です。時間配分のコツをつかみ弱点を洗い出すには最適です。年間6回実施される東進の「共通テスト本番レベル模試」(全国統一高校生テストを含む)を利用して、学習成果の確認や苦手分野等の把握に役立てましょう。さらにしっかりと問題を復習することで、苦手分野の克服につながります。ぜひ合格に向けて活用しましょう。

【センター試験同日体験受験を受けた君へ!!!】

東進ハイスクールの有名実力講師である大岩秀樹先生が、なんと特別に今回のセンター試験の英語の問題の解説授業を行ってくださいます!!

是非皆さんご参加ください!!!

【新高3生・高2生・高1生の君へ!!!】

新年度特別招待講習の申込受付がスタートしました!新学年に向けて、スタートダッシュを切りましょう!!!