【センター試験二日目】化学基礎の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!! | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

校舎からのお知らせ

2019年 1月 20日 【センター試験二日目】化学基礎の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!!

~設問別分析~

第1問
問1 与えられた数字から、電子、陽子、中性子の数、および質量数を考える問題であり、平易である。
問2 分離操作に関する問題。操作の名称とその仕組みがきちんと整理できていれば正解できる。 
問3 合金中のニッケルNiの含有率を計算する問題。得られた酸化ニッケル(Ⅱ)NiOの物質量と合金中のNiの物質量が等しいことに気づけたかがポイントである。
問4 不純物(塩化水素HClと水蒸気)を含む塩素Cl2を精製する実験に関する問題。揮発性の液体である水を入れたガラス容器は、濃硫酸を入れたガラス容器の前に設置する必要があることが分かったかがポイントである。
問5 元素および原子の性質に関する記述の正誤問題。「イオン化エネルギーとはどのようなエネルギーか」をきちんと理解できていれば正解できる。
問6 分子やイオンがもつ共有電子対、非共有電子対の数に関する記述の正誤問題。各分子やイオンの電子式を書くことができたかがポイントである。
問7 イオンからなる身のまわりの物質に関する問題。どれもイオンからなる物質の代表的な例であり、普段から身のまわりのものと関連付けることを意識して学習を進めてきた受験者にとっては難しくない。
第2問
問1 物質の量に関する記述の正誤問題。選択肢2と3は、それぞれClと水素原子の物質量を求める必要がある。選択肢1は、COとN2の分子量がともに28で、NOの分子量が30であることから判断できる。また、選択肢4は、炭素(黒鉛)の完全燃焼における化学反応式を書くことで判断できる。
問2 グラフをもとに、加えた塩酸の体積と発生した水素の体積(0 ℃、1.013×105 Pa)を求める問題。解答する際に、亜鉛Znと塩酸の反応の化学反応式を書く必要がある。なお、このようなグラフに関する計算問題は、過去にも類似の出題が見られるもので、あまり時間をかけずに解答したい。
問3 酸と塩基の中和反応で得られた正塩の水溶液の性質を判断する問題。酸Aと塩基Bの強弱がきちんと整理できていたかがポイントである。
問4 中和滴定に関する記述の正誤問題。選択肢1以外は、正誤の判定に計算を要するため、解答に時間がかかる。
問5 実験の安全に関する記述の正誤問題。どれも正しいような記述であり、戸惑った受験者が多かったと思われる。実験操作の知識が必要だったが、多くの受験者にとって盲点であったのではないだろうか。
問6 酸化と還元に関する記述の正誤問題。下線が引かれた部分に注目し、各原子の酸化数の変化を正しく考えられれば正解できる。

~学習アドバイス~

◆はじめに
皆さんの受験される2020年1月のセンター試験が、最後の実施となります。これから一年間、これまでに行われたセンター試験を利用し、十分な準備をして万全の態勢で来年の本番を迎えられるようにしましょう。センター試験の化学基礎は「化学基礎」の教科書から出題され、その範囲は決して広くありません。そのため、計画的に学習を進めていけば必ず高得点に結びつくので、なるべく早い段階での対策を心掛けましょう。

◆センター試験化学基礎の特徴
大問2題で構成されている試験で、試験時間は30分です。基礎~標準レベルの問題で構成されていますが、計算問題も出題されますので、さほど時間に余裕はありません。「化学基礎」では、過去に出題された問題と類似した出題も多くみられるため、過去問演習は必須です。旧課程の問題も含めて、演習を積んでおきましょう。また、身近な物質や現象に関しては、教科書の表や図にしか記載されていない部分からの出題も見られます。普段から身のまわりの物質や現象と関連付けながら、教科書をよく読んでおきましょう。
◆1学期のうちに化学基礎を一通り復習しよう!
この時期であれば、高校で「化学基礎」の学習を一通り終えている人も多いと思いますが、教科書のはじめの方の内容は忘れてしまっている部分もあるのではないでしょうか。過去問や模試を活用し、実践的な問題で演習を積むことも大切ですが、その一方で、教科書の内容に立ち返りもう一度一通り復習しなおすことも重要です。まずは教科書の内容を復習し、基礎的な問題集などを使って演習も行いながら学習を進めて下さい。そして、高3の1学期のうちに教科書の復習を終え、夏からは積極的に過去問を解いていきましょう。
◆模試を活用しよう!
東進の「センター試験本番レベル模試」は、実際に行われたセンター試験の問題をもとに出題内容や問題レベルを分析して作られており、全国統一高校生テストを含めて年間6回実施されます。これらの模試を活用することで、問題の傾向を把握し、現状で自分に足りていない部分を把握することができます。上手く活用し、来年の本番に向けて十分な学力を身に付けていきましょう。

【センター試験同日体験受験を受けた君へ!!!】

東進ハイスクールの有名実力講師である大岩秀樹先生が、なんと特別に今回のセンター試験の英語の問題の解説授業を行ってくださいます!!

是非皆さんご参加ください!!!

【新高3生・高2生・高1生の君へ!!!】

新年度特別招待講習の申込受付がスタートしました!新学年に向けて、スタートダッシュを切りましょう!!!