【センター試験二日目】化学の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!! | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

校舎からのお知らせ

2020年 1月 19日 【センター試験二日目】化学の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!!

~学習アドバイス~

◆はじめに
皆さんの学年から、大学入学共通テストの受験がスタートします。新しいテストのため、不安を感じている人も多いと思います。確かに、センター試験とは一部異なるタイプの問題が出題されることになりますが、国公立大学の2次試験や私立大学の個別試験などの受験を意識して学習を進めていけば、何か特別な対策をしなくてはいけないわけではないので、あまり心配しなくても大丈夫です。まずは、なるべく早く教科書の内容を一通り学習し終えることを目標に頑張りましょう。

◆大学入学共通テスト化学で予想される設問
近年のセンター試験や大学入学共通テストの試行調査では、「考えて解く」問題の出題が増加しています。具体的には、図やグラフ、表などから必要な情報を読み取り、解答を導くような問題が出題されます。普段から丸暗記中心の表面的な学習だけでなく、各分野の根本的な部分を理解しながら学習を進めるようにしましょう。また、一部過去のセンター試験と類似した出題も予想されるので、本番に挑む前には、センター試験の過去問演習を積んでおきましょう。

◆まずは理論化学の徹底理解を!
化学の学習を進めていく上で、理論化学の分野をしっかりと理解することがとても大切です。なぜなら、その後に学習する無機化学や有機化学の学習は、理論化学で学んだことが土台となるからです。理論化学がしっかりと理解できていれば、無機化学や有機化学の学習もスムーズに進めることができます。

◆高3の1学期までに全範囲を終わらせよう!
皆さんにぜひ目標にしてもらいたいのが、「高3の1学期までには、教科書レベルの内容を一通り学習し終える」ということです。共通テストの化学では、“いかに早期に一通りの分野を学習し終えるか”がカギとなります。その期限は、遅くとも高3の1学期までと設定しましょう。そのために、今から計画的に学習を進めてください。

◆模試を活用しよう!
過去のセンター試験や共通テストの試行調査をもとに、出題内容や問題レベルを分析して作られる東進の「共通テスト本番レベル模試」は、全国統一高校生テストを含めて年間6回実施されます。これらの模試を活用することで、問題の傾向を把握し、現状で自分に足りていない部分を把握することができます。上手に模試を活用し、来年の本番に向けて十分な学力を身に付けていきましょう。

【センター試験同日体験受験を受けた君へ!!!】

東進ハイスクールの有名実力講師である大岩秀樹先生が、なんと特別に今回のセンター試験の英語の問題の解説授業を行ってくださいます!!

是非皆さんご参加ください!!!

【新高3生・高2生・高1生の君へ!!!】

新年度特別招待講習の申込受付がスタートしました!新学年に向けて、スタートダッシュを切りましょう!!!