【センター試験一日目】倫理の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!! | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

校舎からのお知らせ

2020年 1月 19日 【センター試験一日目】倫理の解答速報・設問別分析・学習アドバイスです!!!

~設問別分析~

【第1問】青年期・現代社会分野
例年と同様、青年期と現代社会分野からの出題が中心であった。リード文が会話形式という点も同様。問1ではクワインについて初めて出題された。出題形式としても、読解能力と知識をともに求める新形式であった。また過去に誤答の選択肢として名前だけ一度登場したことのあったノージックが正面から初めて出題された。また問8では国連難民高等弁務官事務所やマララ・ユスフザイについての知識を求める設問があった。

【第2問】源流思想分野
形式面でも内容面でも伝統を踏襲した形で、とくに目新しいものはなかった。問3は大乗仏教に特化した設問で、「小乗仏教」が自称でない点や南伝仏教と北伝仏教についての知識など、やや細かめの内容が問われた。古代中国思想からの出題が少なく、墨子と孟子についての設問があったほかは、「儒教と仏教」についての問5で朱熹についての選択肢が2つあっただけだった。

【第3問】日本思想分野
昨年もそうだったが、今年もかつてとは出題テーマが大きく変わっている。問1では源信と空也についての知識が問われ、問2では日本の美意識ということで、西行・吉田兼好・雪舟・九鬼周造が問われた。問5では過去2回だけ問われた鈴木正三についての知識が求められ、その誤答選択肢としても西川如見と細かい人物が挙げられた。また問7では「共和主義」についての知識が求められ、誤答選択肢が「共産主義」だったので平易とはいえ、新傾向の出題である。

【第4問】西洋近現代思想
おおむね伝統を踏襲する出題であったが、やや新しい傾向も見出される。問1ではヒューマニズム・プロテスタンティズム・カトリシズム・ピューリタニズムが併置されてその理解が問われ、ロヨラの名について初めて問われた。問5ではミルについて、「内的制裁」の語を用いずにその理解を必要とする選択肢が出た。またリード文でも触れられ問8の読解問題で出てきたホネットは、近年注目の高まっている哲学者だが、センター試験では初めて出題された。

~学習アドバイス~

共通テスト対策もやるべきことはセンター試験と変わらない
皆さんは共通テストを受験する最初の世代ということで、不安も大きいことでしょう。けれども、学習指導要領は変わりませんから、出題内容そのものが変わるということはありません。したがって、受験勉強としてやるべきことは、センター試験と基本的に変わりません。受験生としては、これまでのセンター試験を受けるつもりで、センター試験の過去問に取り組むことが基本となるでしょう。ただし、もちろん出題形式が変わってくる面はありますので、その対策としては、2018年に行われた共通テスト試行調査の問題をよく研究してみるといいでしょう。

倫理で必要なのは深い内容理解
「思想家の名前を覚えられません」といった相談を受けることがありますが、こうした相談者は、明らかに倫理を暗記科目だと勘違いしているのでしょう。倫理はけっして暗記科目ではありません。過去のセンター試験をざっと眺めてもらえればすぐにわかるはずですが、そこでは人名とキーワードが結びついているなどの断片的な知識だけで解ける単純な設問は圧倒的に少数です。それぞれの思想家がどんな問題意識でどんな課題に取り組み、どんな分析や方向性を提案したのかが深く問われているのです。思想家の名前を暗記できないなどとこぼしているようでは、倫理攻略の入り口にも立っていないと言わなければなりません。まずは学校の教科書を腰をすえてじっくり読みましょう。それから用語集をこまめに引きながら、一つ一つの言葉の意味を確実に押さえてください。

問題演習で実戦を重ねる
自分ではいちおう理解したつもりなのに、いざ問題を解く段階になると、選択肢の正誤がうまく判定できないという受験生の声を毎年聞きます。そうした受験生はセンター試験の過去問演習が不足しているはずです。センター試験では(おそらく共通テストでも)、思想理解におけるありがちな誤解が中心になって誤文がつくられています。したがって、そうした「誤解」をつぶすためには、実際の過去問にあたって、誤文の誤文たるゆえんをひとつひとつ理解していく作業が大切になります。その点では、年間6回実施される東進の共通テスト本番レベル模試は、年間のカリキュラムで共通テストと同一レベル・同一形式の問題演習を繰り返します。定期的な受験により、自らの学習到達度を測る物差しともなります。積極的に受験して、ライバルに差をつけてください。

【センター試験同日体験受験を受けた君へ!!!】

東進ハイスクールの有名実力講師である大岩秀樹先生が、なんと特別に今回のセンター試験の英語の問題の解説授業を行ってくださいます!!

是非皆さんご参加ください!!!

【新高3生・高2生・高1生の君へ!!!】

新年度特別招待講習の申込受付がスタートしました!新学年に向けて、スタートダッシュを切りましょう!!!