『HAVE TO』から『WANT TO』 | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

ブログ

2016年 11月 25日 『HAVE TO』から『WANT TO』

 

 

 

 

こんにちは!
先日友達から4ヶ月遅れの誕生日プレゼントとして「耳かき」をもらった津脇です!

さて、今日はそんな僕から
『いまは大切な時期だから頑張ろう!』
という話

は、しません(笑)

よく生徒の皆さん、特に高1.2の皆さんから聞くのが、

「頭ではわかってるけど、やる気出なくてサボっちゃうんですよね~」

という言葉です。

正直一番の敵ですよね(笑)

そこで今日は
『モチベーションを上げるテクニック!』
についてお話します!

そのテクニックとは…
ズバリ!

1、『HAVE TO』から『WANT TO』に!
2、『行動』→『モチベーションUP』に!

です!

1、『HAVE TO』から『WANT TO』に!

いきなりですがモチベーションが上がらないときを思い出してみてください。そのとき必ず思っていることはありませんか?
そうです。「~しなければならない」と思っていることです。

勉強を例にすると、本来勉強は「テストで良い点数を取りたい」「賢くなって褒められたい」など、『~したい』という『WANT TO』と思ってやっているはずです!

しかし、いつの間にか
「あー、宿題しなければ…」「受講もしなければ…」と『~しなければならない』という『HAVE TO』になってませんか?

やりたくないものはしなくていいんです!
本当にしたいと思うことを今一度考え直してみましょう!!

2、『行動』→『モチベーションUP』に!

さて、「1」で本当にしたいことが見つかりました。それを最初は1回でもいいので、まず行動に移してください!

よく、モチベーションが上がらないから行動できないと言う人がいますが間違いです!

行動心理学では、何かの作業を始めると、だんだん脳が興奮してきて高いモチベーションが維持されるとあり、これを「作業興奮」といいます。

『モチベーションUP』→『行動』
ではなく

『行動』→『モチベーションUP』
にするのです!

まず行動してみてモチベーションが上がってくる感覚を実感してみてください!!

 

奈良校 津脇大輝