数学が苦手な人へ | 東進ハイスクール奈良校|奈良県

ブログ

2016年 11月 2日 数学が苦手な人へ

 

こんにちは!
東進ハイスクール奈良校担任助手、一回生の塩本です!
今日は高12あてに僕の好きな数学について書きたいと思います。

まず、皆さんは数学が好きですか?嫌いですか?
まぁ、大半の人が嫌い、苦手と答えるんじゃないでしょうか。
僕は少し悲しいです(笑)
しかし、数学は嫌いから好きに、苦手から得意へと一番なりやすい教科です。
それはなぜかといと、数学が嫌いな人は昔から点数が取れないのが積み重なって自分は数学が苦手だ、嫌いだ、と思い込んでしまっていることが多いからです。
逆に数学が好きな人は一度点数が取れてしまえば、ゲームの攻略法を見つけたかのように数学の解き方を理解し、さらに良い点数、満点を目指していっぱい問題を解こう、と思うのがきっかけだったりしたと思います。
要は数学が苦手な人であっても、そのきっかけに出会えることが出来ればすぐ得意になれる!、ということです。

では、点数を取るためにどうすれば良いか、3点ほどアドバイスをします。

まず、数学はできるだけ朝にやることです。
目が覚めた後は計算をする頭がよく働くみたいです。
逆に、寝る前は暗記物が良いみたいです。
部活生で時間がない!、という人も朝起きてから部活に行くまでに計算問題10問する、など決めて朝に数学をする習慣をつけましょう!

2点目は、数学の問題を解く前に百マス計算をすることです。
小学生の時はよく百マス計算をしたと思います。
あれを再びやるのです。
百マス計算は、かけ算ならばかけ合わせる数字を見たら瞬発的に答えれるように訓練ができ、更には演習をする前に百マス計算をやると数学の頭のウォーミングアップにもなります。
なので、数学の勉強を朝するのがいいというのと同時に、朝起きてから一発目の勉強を百マス計算にしてみてはどうでしょう?
遊び感覚でやれるので楽しいと思いますよ。

最後の3つ目は、日常生活から数学をすることです。
外を歩けばいろんな数字がありますね。
例えば、コンビニ。
商品に書いてある値段を見てレジに持って行く前に一通り計算し、これだけ出せばいくらお釣りがくる、なども計算してしまいましょう!
そしてレジに行けばその答え合わせができます。
こういったように世の中にはたくさんの数字があふれています。
それを普段から数学の、計算のトレーニングとして活用していくことが大事です。

数学は単純な教科です。
一つ壁を乗り越えれば、あとは得意に、そして好きな教科になるでしょう。
今日、僕が挙げたことを参考にして、数学が是非とも得意教科になるように頑張っていきましょう!!

さてさて、あと20日まで迫ってきました…

何が?といっているそこのあなた!なんと、あの慎先生(English)が奈良校に来てくださいます!!!

しかも無料で授業が受けれます。

こんな機会めったにない!!!

そしてそして!東進生ではない人もOKなんです!

これはもう、行くしかない。ぜひお友達をつれて申し込んでください!

最新記事一覧

過去の記事